トラック&バスの運行前点検ポイント

安全・安心に運行いただくために、タイヤ関連の点検ポイントをまとめました。

運行前に必ず点検しよう!

点検ハンマーによるナット緩み点検

  1. 1ナットに手を添えて、点検ハンマーで叩き、振動を確認してください。
    点検時のポイント
    • 手袋を外して、振動の確認を実施ください
    • ナットは必ず締まる方向に叩いてください
    • 振動が伝わりづらいので、ナットは強めに叩いてください
  2. 2万が一、ナットに緩みが発生している場合は、手に振動が伝わってくるので
    その際はボルトの締め直しを早急に実施してください。
  3. 3全てのナットを同様に点検してください。

点検ハンマーによる空気圧点検

  1. 1タイヤのトレッド面を点検ハンマーで叩き、音を確認してください。
  2. 2空気圧が適正に入っている場合は、ポーンという高い音が響きます。
    万が一、空気圧が低い場合は、ドンという低い音で響きません。
    その際は空気圧を含め、タイヤを確認してください。
    • 普段から点検をしていないと音の違いに気付きづらいので、点検を習慣づけてください。
  3. 3全てのタイヤを同様に点検してください。

タイヤ/ホイール外観チェック

プラットフォーム
  1. 1トレッド全体が異常な減り方(片側摩耗・段差摩耗など)をしていないか確認してください。
  2. 2タイヤの主溝を確認してください。残溝4mm程度になれば、交換時期が近づいています。
    冬タイヤはプラットフォームに達すると、冬タイヤとして使用ができなくなりますのでご注意ください。
    • 高速道路を走行する場合、高速道路指導基準で大型トラック・大型バスタイヤは3.2mm以上残溝が残っている必要があります。
  1. 3点検ハンマーの尖っている方を使い、挟まっている石を取り除いてください。
  2. 4トレッド/サイドで傷(外傷・釘踏み)やひび割れが発生していないか確認してください。
    • サイドの確認時は触診も併せて実施ください。
  3. 5ホイールのひび割れや、サビ汁が発生していないか確認してください。
    • 冬時期は凍結防止剤の影響で、サビが発生しやすくなっています。
  4. 6ナットの頭の出方が揃っているか確認してください。
  5. 7全てのタイヤ/ホイールを同様に点検してください。

タイヤ空気圧の数値も月1回は確認しよう!

  • 必ず月1回以上の点検をしてください。
  • 必ずエアゲージを用いて正確に測定してください。
  • 必ずタイヤが冷えた状態で測定してください。
    • タイヤが高温(特に走行後)な状態ですと内部の空気が膨張しており、
      高めに数値が出やすいです。
  • 新品タイヤは特に点検頻度を高くしてください。
  • 複輪装着の場合は、必ず内外同じ空気圧に調整してください。

月に一度は空気圧の点検を!

タイヤお客様相談室